Skip to content Skip to main navigation Skip to search
誘導加熱技術とは

誘導加熱技術とは

誘導加熱技術とは誘導加熱とは、電源からの電力を特定の用途に適した周波数に変換し、その電力を利用してあらゆる導電性材料を制御可能な形で発熱させる技術です。

電力は、誘導コイルによって被加工物に加えられます。コイルを流れる交流電流によって磁場が生成され、コイル内部に被加熱物を置くとその被加熱物に渦電流(抵抗)が誘導されます。この渦電流が流れる場所のみが発熱します。  

 

変換器によって出力と周波数が異なります。熱パターンは、出力、誘導コイルの形状、および被加工物の特性によって決まります。被加熱物への熱浸透率は周波数によって決まり、周波数が低いほど浸透率は大きくなります。

 

誘導加熱には、代替技術と比べてたくさんの利点があります:

  • 迅速

  •  正確

  •  制御可能

  • 反復可能

  • クリーン、安全、コンパクト